大使館発邦人安全情報

2016/5/25

チッタゴン管区における学生団体等によるハルタルの実施に関する注意喚起


平成28年5月25日
在バングラデシュ日本国大使館


1.報道によれば、市民社会団体「Parbatta Nagarik Parishad(Hilly Citizen Council)」及び学生団体「Parbattaya Chhatra Parishad(Hilly Bangali Students Council)」は、ハシナ首相がチッタゴン丘陵地帯から陸軍キャンプを撤退させる等発表したことに抗議するため、5月26日午前6時から午後6時まで、チッタゴン管区カグラチャリ県、ランガマティ県、バンダルボン県の3県にてハルタルを実施する旨発表しました。

2.つきましては、在留邦人の皆様におかれましては、すでに累次のお知らせで、現下の治安情勢に鑑み、不要不急の外出は控えるようお願いしていますが、不測の事態に巻き込まれないよう、周囲の状況に十分注意して行動してください。
 なお,異常事態に遭遇された場合は,大使館までお知らせください。


【通報先】
○執務時間内(日~木曜日 9:00~17:45)
 大使館(代表)880-2-984-0010
○執務時間外(日~木曜日の上記時間以外並びに金・土曜日及び祝日)
 緊急電話   0961-1886753       (了)