新型コロナウイルス関連情報

2020/8/3

バングラデシュ出国時の新型コロナウイルス陰性証明書の必要性及び国際線フライトの乗り入れ停止措置の一部解除について

 バングラデシュ政府は7月31日、バングラデシュ出国時に提示を求めていた新型コロナウイルス検査の陰性証明書について、これまでの措置を撤回し、今後は出国時の提示を不要にすると発表しました。
 ただし、これとは別に、渡航先(乗継ぎ含む)や航空会社によって搭乗者に対して独自に同証明書の提示を求める場合もあります。また、空港関係者によっては同措置をよく理解せず同証明書の提示を要求するケースもあるようですので、出国時の不要なトラブルを防ぐためにも、出国前に同証明書を取得することをおすすめします。
 
 更に、バングラデシュ政府は同日、国際線フライトの乗り入れ停止措置の対象国からモルディブを新たに除外したことについても発表しました。現時点では、中国、マレーシア、モルディブ、カタール、スリランカ、トルコ、アラブ首長国連邦、英国からの国際線フライトが許可されています。