安全情報

2020/7/27

犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起

 イスラム過激派組織「ネオJMB」が、今年のイスラム教の祝日「イード・アル・アドハー(犠牲祭)」(7月31日~8月2日)を狙ったテロ攻撃を画策している可能性があると、現地メディアが報道しています。現地治安当局などによると、現時点では犯行予告等の具体的な脅威は確認されていないようですが、大規模な宗教行事はテロ等の標的となりやすいことから、当地の滞在者は、同期間やその前後においては最新情報の入手、安全確保に努めてください。
 
 犠牲祭の期間中やその前後には、国内各地で宗教行事等が行われる予定であり、多くの人が集まるような場所等では、テロが発生する可能性を否定できません。当地の滞在者は、最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所(宗教関連施設、政府・軍・警察関係施設、大使館、欧米関連施設、公共交通機関、観光施設、デパートや市場等)を訪れる際には安全確保に十分注意を払ってください。
 
 犠牲祭での注意点等については、前回の広域情報で詳報しておりますので、以下のリンク先からご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C061.html