安全情報

2020/5/5

バングラデシュにおける新型コロナウイルス(当地政府機関の業務停止期間の更なる延長及び行動規制下における限定的な業務再開について)

 昨4日にお知らせしました当地政府機関の業務停止期間延長につきまして,同日,バングラデシュ内閣府が行動規制下における限定的な業務再開について関係省庁に指示を出しています。今後,同府からの要請を受けた各省庁からの発表が見込まれますので,引き続き報道などから最新情報の入手に努めてください。また,道路交通・橋梁省は政府機関の業務停止期間延長に併せ,公共交通機関を5月16日(土)まで運休することを発表しています。


 内閣府から各省庁への指示概要
●政府は新型コロナウイルスの更なる感染蔓延を防ぐため,政府機関の業務停止期間を5月16日(土)まで延長し(ただし,病院や薬局,食料品店に加え,緊急サービス(電気、水道、ガス、消防、清掃,電話,インターネット等)については対象外),国民に行動規制を呼びかけた。この状況下ではあるが,一定の条件を考慮し,全国の県及び市で商業活動及び小規模商店,ショッピングモール等の営業を5月10日(日)から限定的に開始するための措置を要請する。
●市場,事業本部,小規模商店やショッピングモールは10時から16時までの営業に限定される。営業に際しては,保健・家族福祉省が発表した手指消毒等の衛生措置を講じなければならない。
●イード休暇期間中(5月21日~26日の予定)はそれぞれの居住地に留まり,県及び市を超える移動,帰省の自粛を要請する。


 道路交通・橋梁省の通達
●政府機関の業務停止期間延長を受け,公共交通機関も5月16日(土)まで運休する。ただし以下対象外業務は措置の対象とはならない。
 (※)対象外業務
 電気,水道,ガスその他の燃料,消防,(道路,河川,海洋の)港湾サービス,清掃,電話,インターネット,郵便及び同関連業務,食料品,道路・水路を利用した運搬,国家プロジェクトのための資材,薬剤,製薬業,医療サービス,医療品運搬,乳幼児食品,電機,出版,支援物資・援助関係者の輸送,農業製品,工業製品,肥料,農薬,飼料,肉・魚介類及び同加工品,乳製品,生活必需品の製造とその運搬


 このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
 
■在バングラデシュ日本国大使館領事班
○執務時間内(日~木曜日 9:00~17:45)※窓口業務は17:00まで
 大使館(代表)880-2-984-0010
 ○執務時間外(日~木曜日の上記時間以外並びに金・土曜日及び祝日)
  緊急電話880-961-099-8492
 ※「たびレジ」簡易登録をされた方で,メールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete