採用情報・草の根外部委嘱員募集

2020/2/25
在バングラデシュ日本国大使館では、以下の通り草の根・人間の安全保障無償資金協力業務の委嘱員を募集します。
 

●業務内容
外部委嘱員は、在バングラデシュ日本大使館(以下、「大使館」と言う。)との委嘱契約に基づき、草の根・人間安全保障無償資金協力(以下、「草の根無償」と言う。)の案件形成・実施に関する大使館の業務に携わります。具体的には、担当の大使館員の指示に従い、主に以下の業務を行います。

(1)申請書の受付・案件形成に係る業務
申請団体(NGO等)の申請書やヒアリングにより、当該地域の現状、課題点、援助ニーズ、申請者の活動状況、他ドナーの援助動向等を把握し、事業の実施可能性を検討します。事業の実施に向けて課題点がある場合には、この改善に向けて申請者と調整を行います。また、案件の実施前に、案件形成のための事前調査を行い、現地確認を行います。
(2)報告書等の文書の取付け
報告書等の草の根無償の実施に関する文書の取付けを行います。必要に応じて、これらの文書の作成指導のため、NGO等とメールや電話による連絡や打合せを行います。
(3)中間・完了調査、フォローアップ調査(事後)
案件の実施期間中において、施設建設の進捗状況等の確認のため中間調査を行います。予定通り進捗していない場合には、被供与団体とメールや電話による連絡や打合せ等を通じて、案件の進捗に向けた働きかけを行います。
計画どおり案件が完了したことを確認するため、完了報告書に基づき完了調査を行います。計画どおりでない場合には、被供与団体との打合せ等を通じて、改善に向けた対策を講じます。
実施終了後、一定期間経過した案件については、当該案件の裨益効果の発揮状況及び機材等の維持管理状況の確認、関係者へのアドバイスのため、事後フォローアップ調査等を行います。
(4)案件管理、諸報告書の作成等
多数の申請案件を適正に審査し、申請受付から実施・完了までの進捗状況の監理を行います。
また、特定案件調査(事前調査、モニタリング調査等)を行った場合には、結果報告書を作成します。
(5)各種式典関連補助業務
草の根無償案件関連の式典(贈与契約署名式、竣工式、供与式等)に係るアレンジ業務の補助を行います。また、式典前後の設営補助、式典中の進行・式典写真撮影等の補助業務を行います。(式典への委嘱員単独での代表出席はできません。)
(6)その他関連業務
大使館から外務本省へ提出する文書の作成の補助、事業に関する広報活動の補助等、草の根無償の実施に関連する業務を行います。
 
2.外部委嘱員の位置づけ
(1)外部委嘱員制度とは、草の根・人間の安全保障無償資金協力という特定業務のうち、外部に委嘱できる業務を委嘱するという契約に従って業務を行い、その対価として謝金を受け取るという制度です。
(2)外部委嘱員は在外公館として雇用または派遣されるのではないため、政策判断をする権限は有しません。また、在外公館の館員としての地位を有さないため、外交使節団の構成員として特権・免除を受けることはできません。
(3)外部委嘱員は、業務上知り得たことや情報を決して対外的に明らかにしてはいけません。
(4)委嘱契約であることに鑑み、傷害保険や入国ビザについてはご自身で手配していただくことになります。
 
3.応募資格
◎ 大学卒業又は同等以上の学歴を有する方
◎ 当地NGO関係者との連絡調整(英語)、申請書(英語)の理解、文書作成(英語、日本語)等が可能な方(ベンガル語の語学力があれば、なお望ましい)
◎ 開発、経済協力業務に関心を有する方
◎ パソコン操作について一定の知識(MS-WORD、EXCEL)を有する方
 
4.勤務場所
在バングラデシュ日本国大使館
(Plot NO.5&7, Dutabash Road, Baridhara, Dhaka-1212, Bangladesh)
 
5.勤務日、勤務時間
(1)勤務日:日曜日~木曜日
(2)勤務時間:9時~17時45分(休憩時間:12時30分~13時30分)
(3)休日:週休2日及び大使館が定める休館日
 
6.採用期間
  令和2年6月1日目途~令和3年3月31日
  (年度毎に更新を行い、同一人物との継続契約期間は最長継続3年間まで)
 
7.待遇
(1)月額謝金:30万円程度(米ドルによる支払い)
(2)住居費: 実費(限度額あり)
(3)渡航に係る費用
 バングラデシュ外からダッカに赴く委嘱員に対し、必要に応じ、地方都市から首都ダッカまでの渡航費(往路及び復路分航空賃(ディスカウントエコノミークラス最短距離))及び空港使用料、支度料(往路のみ)、予防接種料(A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、腸チフス)、査証取得料、移転料(往路のみ)を、委嘱契約締結後に支給します。
(4)社会保障
委嘱契約であるため、通常の雇用に含まれる健康保険、年金等の待遇は適用されません。また、必ず自身で緊急移送経費もカバーする海外傷害保険に加入する必要があります。
 
8.応募方法
(1)希望される方は、履歴書1通(顔写真貼付、TOEICの点数、英検資格等詳細記入)及び自己紹介書(自己PR等、様式自由)、志望理由書(応募の動機等、様式自由)、語学力を客観的に証明する情報(証明書等)を下記の連絡先までメールにて、送付下さい。
(2)応募書類はWord、Excel、PDF、JPEG/TIF(スキャナ取り込み画像)形式のいずれかで書類作成願います。
(3)履歴書には、連絡先メールアドレス及び電話面接可能な電話番号を明記して下さい。
(4)応募締め切り日:3月19日(木曜日)(必着)
 ※ ご提出いただいた個人情報については、採用選考の目的にのみ利用します。
 
9.連絡先
  在バングラデシュ日本国大使館 経済開発協力班 海老原(えびはら)
  メールアドレス keikyo@dc.mofa.go.jp ※メールの件名には必ず、GGHSP Consultant applicationとご記載下さい。  

10.選抜方法
  一次審査:書類選考(合格者にのみ連絡します。)
  二次審査:電話面接(一次審査合格者のみ)
  三次面接:電話面接(二次審査合格者のみ)
    面接実施日時は直接担当者よりお知らせします。