大使館発邦人安全情報

ドゥルガ・プジャ及びモハラムの開催



10月7日~11日はバングラデシュ全土でドゥルガ・プジャが開催され,また,10月12日はイスラム教の宗教行事モハラムが開催されますので,特別な警戒が必要です。

1.累次当館よりお知らせしていますとおり,現在,当地では過激派組織によるテロ事件が各地で発生しており,十分な警戒が必要となっています。10月7日~11日には,バングラデシュ全土でヒンドゥー教最大の祭「ドゥルガ・プジャ」が開催され,翌12日にはイスラム教の宗教行事「モハラム」が開催される予定であり,こうした宗教行事を狙った過激派によるテロ事件が発生する可能性があります。なお,昨年のモハラム(10月24日)ではダッカ市内南部のシーア派モスク「フセニ・ダラン」にて爆弾テロ事件が発生し,多くの死傷者が出ました。

2.つきましては,在留邦人の皆様におかれては,テロ事案に遭遇しないよう,引き続き特別な警戒を怠らず,不要不急の外出を控え,特に,テロの標的となりやすい場所(外国人が多く集まるレストラン,欧米関連施設,政府施設,公共交通機関,宗教施設,観光施設,ショッピングモールや市場など不特定多数が集まる場所)を極力訪問しないようにしてください。

【通報先】
○執務時間内(日~木曜日 9:00~17:45)
大使館(代表)880-2-984-0010
○執務時間外(日~木曜日の上記時間以外並びに金・土曜日及び祝日)
緊急電話   0961-1886753 (了)