邦人安全情報

BNP系学生団体(JCD)による半日ハルタルの実施に関する注意喚起


平成29年4月1日
在バングラデシュ日本国大使館


報道によれば,BNP系の学生組織であるJCDは,同党幹部が殺害されたことに対し抗議するため,4月2日(日)午前6時から正午まで,チッタゴン市,チッタゴン県,ランガマティ県,バンダルボン県,カグラチャリ県,コックスバザール県にて,半日ハルタルを実施する旨発表しましたので,不測の事態に巻き込まれないよう慎重な行動を心掛けてください。

1.報道によれば,バングラデシュ民族主義者党(BNP)傘下の学生組織である民族主義学生党(JCD,ジャティヨタバティ・チャットロ・ドル)は,同党幹部が殺害されたことに対し抗議するため,4月2日(日)午前6時から正午まで,チッタゴン市,チッタゴン県,ランガマティ県,バンダルボン県,カグラチャリ県,コックスバザール県にて,半日ハルタルを実施する旨発表しました。

2 つきましては,在留邦人の皆様におかれましては、具体的な抗議活動の内容及び実施場所等は不明ですが、既に累次のお知らせで、現下の治安情勢に鑑み、不要不急の外出は控えるようお願いしていますが、報道等から常に最新の情報を入手するよう努めるとともに、不測の事態に巻き込まれないよう、特に,上記の地域での不特定多数が集まる場所には近づかないほか,集会や抗議デモが行われている場所や群衆への接近を避け、周囲の状況に注意した慎重な行動を心掛けるようお願いいたします。
また、デモ・集会等に遭遇した場合にはすぐにその場から退避するなど自らの安全確保に努めてください。
なお、異常事態に遭遇した場合は、速やかに大使館までお知らせください。


【通報先】
○執務時間内(日~木曜日 9:00~17:45)
 大使館(代表) 880-2-984-0010
○勤務時間外(日~木曜日の上記時間以外並びに金・土曜日及び祝日)
 緊急電話    0961-0991094